pageup

GAINA FAQ よくあるご質問

効果・特徴について

他の遮熱塗料と何が違うの?

1)冬場も効果を発揮
一般的な遮熱塗料の場合、日射を反射するため夏は涼しくなりますが反対に冬は寒くなってしまいます。
ガイナは遮熱性能に加え熱の移動を抑える断熱性能も持つため、冬場は室内を暖かく保つ事ができます。

2)色の違いによる効果の差が少ない
一般的な遮熱塗料は反射に依存しているため、遮熱効果は白に近いほど高く、黒に近づくほど低下します。
ガイナも白に近い程効果が高い事はいえますが、反射に加え特殊セラミック層で塗膜表面を覆う構造により、熱を溜め込まない効果も持ち合わせています。
そのため、黒に近い色を選んだ場合でも効果の低減は少なくなります。

断熱・遮熱性能は経年劣化するの?

断熱性能については、塗膜表面が経年により汚れても性能はほとんど変化しません。
遮熱性能は他の遮熱塗料と同じく、汚れにより徐々に低下していきます。
ただしガイナの塗膜は高い親水性を持つため、汚れにくくなっています。

紫外線による変色はあるの?

ガイナは紫外線に最も強いセラミック素材を多層化した構造。
経年による変色・退色を最小限に抑えられます。

シックハウス対策は大丈夫?

水性塗料のガイナはシックハウスの原因とされるホルムアルデヒド等の有害物質を含みません。
内装用ガイナは国土交通省のF☆☆☆☆(Fフォースター)製品に認定。
このF☆☆☆☆マークを取得した建材や内装材は使用量の制限を受ける事がなく、最上位の安全性を示しています。


施工について

どんな材料に塗布できるの?

下地材(シーラー・プライマー等)との組合せにより、殆ど全ての材料に塗装できます。
ただし、ポリプロピレン(高密度)・フッ素加工品・テフロン加工品等には塗布できません。

カラーバリエーションは何色?

基本52色のほか、200色以上に対応可能。
ただし全て淡彩色となり、濃い色や原色に近い色、また透明は出せません。
詳しくは販売店までお問合せください。

どの色を選ぶかによって、性能に違いは出るの?

断熱性能については違いはありません。
遮熱性能は白色がベストで、黒色に近づくほど性能は低下します。

濃いペンキの上に塗る場合、下地の色は出ないの?

規定の塗布量であれば下地の色が出ることはありませんが、白系のプライマーまたはシーラーで透け防止を施してから塗布する事をおすすめします。


メンテナンスについて

表面に汚れやキズがついた場合、どうすれば良い?

一般的なクロスの洗浄と同じように、水拭きまたはしつこい汚れには中性洗剤をスポンジに含ませて拭けば落とせます。

塗替えの目安年数は?

セラミック塗膜のため耐久性に非常に優れ、一般塗料の2〜3倍の15〜20年が塗替え目安となります。


その他

施工を検討したいが、何をすれば良い?

お近くのガイナ施工店をご紹介致しますので、まずは弊社までお問合せください。
弊社ではメーカー研修を受けガイナ塗装実績も豊富な優良施工店のみ提携しております。

実際に塗装した家を見る事は可能?

施主様のご了承を得た上で、担当がご案内させて頂きます。
またガイナスタジオ[ショールーム]にお越し頂ければ、室内に塗った場合の仕上がりをご覧頂く事ができます。